スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦のパン屋さん「充麦」

今日は、妹のだんなさんで、私の友人、陶工でもあるYっけと、ひじき採り。
先週、今年とれたひじきを煮て、おべんとうに持っていき、激うまであることを再認識。昨年採った分はすぐなくなっちゃったので、久しく食べてなかったが、やっぱり普通のひじきはもう食べれませ~ん!という感覚がよみがえってきて、「うわー、これじゃまた来年の春まで食べる分にはぜんぜん足りない~。。」と思っていた矢先であった。実家にいった際にみなさんに、このおいしいひじきを作ってさしあげると、案の定、「何これ?!おいしい!!うめー、なんだこれー!!おいしいね~、ぜんぜんちがう!わいわいがやがや。。」となり、こんなにうまいんだったら、もっと採ってきたい、さらば明日はいかがかなという流れになり、何ともグッタイミングな日曜、大潮の干潮午前10:30ぴったり-10センチを目指して油壺方面へ向かったのであった。 
     三浦野菜
            写真は、充麦さんで売っていたお野菜&直売所のお野菜

で、その道すがら、初声あたりに毎回気になってはいるが、車は急に止まれないので、なかなか立ち寄れなかったパン屋さんがあるのだが、共に腹が減っていたので、「前から気になっているパン屋があるので、よっていきましょう」と提案し、パンを買っていくことになった。
そして店に一歩はいると、思ったとおり、中で売っているパンはどれもおいしそうで、私の好きなハード系のパンもたくさんある。とりあえず、油壺に着くまでの空腹をしのげるだけの2~3個を買って、帰りにまたよることにしてお店を出た。
パン好き、パン焼き人はたいてい見ればおいしいか、おいしくないか、好みかどうかはすぐわかる。
申し分なく好みのそのパンをひと口かじってまた仰天!うますぎじゃん!クランベリーとくるみが入って、ワインを水分に焼いたと思われる棒状のハードなパンを一口かじって、その粉の香りと歯ごたえやら味やらに、ひさじぶりにど真ん中のパンを、自分が焼く意外で食べてうれしくなった。

そして、帰ってから、レジ横にあったネームカードに書いてあるURLをたたいて、WEBを見てみて、またびっくり。この三浦パン屋充麦さん、三浦で自家栽培した小麦を使用しているそう。三浦で小麦が栽培されているというのも知らなかったけど、何より、ここで栽培している小麦で作ったパンが食べれて、そしてこんなにおいしい!国産小麦は北海道産が多かったりするけれどフードマイレージ、ほとんどなしですか?!これは幸せにつきますな~。三浦の小麦がこんなにおいしいなんて。というか嬉しいです。充麦さんありがとう!これからもよろしくね!

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。