スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全粒粉のカンパーニュ

       カンパーニュ
昨日一次発酵していた全粒粉8割+地粉2割のカンパーニュが焼きあがりました。
ドイツのヴァイツェンシュロットブロート(だっけ?)みたいな、どっしりして
酸味があって、クラムも何もないわいっ!ってな感じのカンパーニュですが
これもこれでおいしものです。そして硬くてずしっとしてるので、よく噛むしいっぱい食べなくても
少しでお腹いっぱいになる気がします。日にちがたってからのほうがおいしいし。

私はパンを焼くときに流儀があって、自分ちで食べる分は「ふわっふわに焼きあがる粉は使わない。基本、全粒粉100%で作る」と決めています。おみやげでどこかに持ってく時は口あたりがおいしいよう普通の粉を使います。
まあ、たいして深い意味はありません。(なーんて。ほんとはあるけどね。)
ホールフードを考えれば、粉も当然、丸ごといただくということもあるしー、
「粉」といえば、現在の私にとってイコールそれは全粒粉だしー、
(パンを焼きはじめた頃は、精白した釜伸びの良い粉を使って、ふわふわなパンを焼いてましたっけ)

天然酵母で手捏ねで100%全粒粉の組み合わせだと、まず口あたりの良いものはできない感じ。
普段パンをよく焼く人は、全粒粉は、使っても粉全体の10%くらい使う感じでしょう?

なので、うちのパンは独特です。でもわたしも、けんこも、うちのパンが大好きです。

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。