スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ワイン漬けフィグと紅茶、クランベリーのタルト



一昨日、鎌倉のカフェ鎌倉美学に、お菓子を納品に行きました。
今回は、私も大好きで得意なタルトです。
このタルトの基本形は、以前美学で開催させていただいていた「サンデーベジカフェ」という、”その日はヴィーガン(動物性食材を一切使わない)のお料理&スイーツだけを楽しむ日”というイベントの際によく出させていただいていたものです。
一番下がサクサクのタルト生地、その上にアーモンドクリーム生地、その上にフルーツかドライフルーツが並び、一番上にはクランブル、です。聞いているだけでも美味しそうですよね。
さて、このタルト、そのままでもとても美味しくヴィーガンスイーツとは思えないのですが、さらに美学っぽくアレンジして、どう楽しんでもらおうか、と考えました。鎌倉美学は、夜はバルになり、美味しいワインもたくさんあります。珈琲や紅茶でも、もちろんいいのですが、ワインと一緒に食べても美味しくコクの有る大人なお菓子にしたいな、と思い、赤ワインをアーモンドクリーム生地に練りこみました。また香り高くスイーツを楽しんでいる感じも楽しんでほしかったので、オーガニックのアールグレーティーのティリーフも入れました。
そして、その上のフルーツは、フレッシュなものやコンポートでもよかったのですが、やはり「コク」考えるとドライフルーツのコンポートかな、と思い、ブラックフィグ(黒いちじく)を赤ワインでコトコト煮たものをゴロゴロと入れることにしました。
ここまででもかなり大人な感じですね。
さて、トップのクランブルですが、いつもよりクランブルを控えめにして、ルビーのようでかわいいクランベリーをトッピングしました。クランベリーは焼いてしまうと色味や味がもったいないので、焼きあがってからトッピングします。これが視覚的に赤をテーマカラーにしている美学にぴったりな感じで、かわいいのです。
さあ、これで出来上がり☆
みなさんに楽しんでいただけますよう(*^_^*)


※注 ↑この写真のピースは自分試食用でお店でサーブされる半分のサイズです^_^

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。