スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏の唐揚げ?ではなく大豆ミートの唐揚げ

鶏の唐揚げではなく、マクロビのみなさんにはおなじみの、今さらながら大豆ミートの唐揚げ。

唐揚げ

これは、大豆クサさを上手に抜いてうまく作ると、ほんとにチキンタツタみたいにもなるし、いやー、たまに食べると、「これ、鶏の唐揚げですけど、何か?」っていうくらい幸せです。
私は、お湯でもどす時、2回~3回、お湯をかえるのと、その際、お水で洗って軽くしぼるようにして、内包している大豆っぽい水分をなるべく外に出します。最後にお湯で煮た後の水切り、しぼりはしっかりとしてぎゅっと握って、なるべく水分は残さない。このままだと、唐揚げにした時にジューシーでなくパサパサになるので、この後、おいしいお酒やみりん、お醤油、きざんだしょうがをたくさん入れた液にしばらく浸します。1時間~半日、一日。急ぎの時、すぐ食べたい時は数十分で大丈夫です。
で、その後ハーブソルトを入れた粉をまぶして唐揚げにします。
するとどうでしょう!(大改造劇的ビフォーアフター風で・笑)
夢にまでみた(いや、見ないけど)唐揚げそのもののような味になるではありませんか。

まだ、お試しでない方は、ぜひ、お試しください。w

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。