スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗の渋皮煮

栗の渋皮煮をもう何回目になるかわからないけれど、作りました。今年初です。
今週のお野菜の宅配の中に大ーきくて立派な栗が入っていたのです。
実は毎回、出来上がりに納得いっているわけではないので、大変だとわかっていても、何度も作っちゃうのです。
そして、今回の出来は自分史上最高の出来。
けんこに「今回の渋皮煮は過去最高の出来です!」と言うと、なぜ?と勝因を問われ、「まず、気持ちの余裕がちがったのです」と言うと笑われた。
いえいえ、ホントです。「あー、あとこんなにたくさんの栗の鬼皮を、渋皮を傷つけないように剥くのか~」とか
「ゆ、指が痛くなってきた~」とか
「なんか、ちょっと重曹っぽい味になっちゃってないかな」と心配になっちゃったりとか
そういう雑念がなかった。
お料理をおいしく作るのはもちろん技も必要だけど、やっぱり心、気持ち、もちろん愛ですな。やっと気持ちに余裕を持って料理をすることができるまで復活してきたのかな。

適当な量の大きくて美味しそうな栗を、ゆっくりと剥いてはじめは重曹を入れずにコトコト煮て、2回茹でこぼしてから、重曹を少なめに(小さじ1/2くらい)入れて4回くらい真っ黒い煮汁を茹でこぼしたかな。
米飴と甜菜糖とはちみつとメープルシロップを少しずつ入れて、さらに煮て一晩おいて深い甘味にしました。ブランデーも入れて煮詰めてつやつやです。

渋皮煮

以前ベジカフェで渋皮煮を出した時、食べ損ねた友人Mちゃんが、後から超真面目に悔やんでいたのが可笑しかった。それにしても、ほんっとに美味しくできました。

ほんとは、明日、R子とyurimanとT氏とでSCAPESにランチに行こうと思っていたので、ランチ後のみんなのおやつに、と作ったつもりでしたが、明日SCAPESは貸切でお休みとのことでランチはリスケとなってしまった。残念~。というわけで、この渋皮煮は美味しいうちに、逗子家の2人で全部食べることになるのかしら。それも残念だな。

やっと涼しくなったここ数日だけど、旬のおいしいものを食べるとぐっと秋感が増して幸せです。

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。