スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ・ド・オルゾ(大麦コーヒー)

オルゾ

先日、タントテンポに行った際に発見!してしまったイタリアの大麦コーヒー。オルゾ。
以前から比べると格段にコーヒーが飲めなくなってきた今日このごろ、きっと既に普通の人々が一生分飲む量のコーヒーを飲んでしまったのだろう、などと勝手に思い、会社帰りにドトールなんかに入っても迷って迷って「野菜ジュース、氷抜きでください」なんて言って、自分でも「人間って、変わるものね」なんて人ごとのように思っているのだけれど。
目や頭は今までどおりほしいのだけれど、体が「ダメでーす」とサインを出す。
そんな時、日用食料品を買いに行っているタントテンポでみつけたこのオルゾ。
イタリアのオーガニックメーカー「ラ・テッラ・エ・イル・チエロ LA TERRA E IL CIELO」のもので、モンド種の大麦をコーヒー調(笑?)にしたもので、コーヒーとはほど遠いけれど、むかし毎朝のんでたコピバリ(バリのコーヒー)のようでもあります。ここのスペルト小麦(小麦粉にしていない麦状のもの)は以前からお気に入りで、ご飯のように炊くとナッツのような香りがして幸せなのです。もちろん、粉に挽いてあるスペルト小麦はフィグとくるみのカンパーニュを焼く時には欠かせません。
ちょっとそれましたが、何と言ってもパッケージがくぁあいー!日本だと、子供向けにこういうイラストが入ると妙に子供っぽいかアニメっぽくて、やっぱり雲泥のさだと思う。
で、即買い。かなりたくさん入って安かったし、うれしいのです。(*^_^*)
そして、今入力してて、気がついたけど、オルゾって、綴りが、Orz。イタリア人はさすがに知らないだろうね。。笑でもこのパッケージ、ガックし、なイメージはみじんもなく、やっぱりニッコリって感じです。

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。