スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サックサクの全粒粉ワッフル

ワッフル

日曜の昼食後に思いつきで、「そうだ!ワッフル焼こう!」となった。
また明日から始まる過酷な一週間のつかの間の休息時、この上ないトリートになるかもしれん。。などと考えつつ。
実際は、そんな暇はなく、怒涛のように一日終って歩いて帰れないくらいお腹が減った時に食べるおやつ。「今日も一日がんばりましたね!」の時に心おきなく食べれるラブリーなスイーツ。これが必要なのだ。(笑)

閑話休題。
生地をゆるめにして、ジャムなんかもつけたりすることを考慮して、プレーンな感じに作った。
愛用しているマクロビスイーツ本のワッフルのレシピをずっと前に作ってみたけれど、時間がたつとがちがちで食べにくくて、手がかかるわりにはあまり気にいらなかった。
ベルギーワッフルみたいな正統派のワッフルは、卵やバターの役割も重要だし、大きめのザラメを表面に焦がして焼くのがやっぱりいい。昔はいっしょうけんめいマイスターになるんか!?というくらいザラメを焦がして発酵バターと卵とで作ったけれど、今はどの食材も食べなくなった。
代わりに軽くてサクッとした感じのワッフルが食べたくって作ったら、これが大成功!
外カリっ、サックサクの軽いワッフルができました。
ワッフルマシンやメーカーを持っている方はぜひ!作ってみてください。
笑っちゃうくらい簡単で、サックサクでおいしいので。
食後でお腹一杯の時に作ったのに、二人とも、焼きあがると同時に食べ続け、結局無理やり残して写真を撮ったのがこの3個。(笑)

材料
<DRY>
粉(地粉でも薄力粉でも)50g
全粒粉(ファインなタイプ)50g
全粒粉(やや粗いタイプ)25g
アーモンドプードル 15g
ベーキングパウダー 6g
塩 小さじ 1/4
甜菜糖 30g

<WET>
菜種油や白ゴマ油 60g
メープルシロップ 30g
豆乳 計量カップに菜種油とメープルシロップに入れてから、全量が230ccになるまで注ぐようにする。

ここまで読んで、お気づきの方もいらっしゃるかも、しれませんが、そうなんです。マドレーヌのレシピとほぼ同じです。洋酒とエッセンス、茶葉が入っていませんが、粉の材料の配合・分量と、WETが全部で230ccというのはいっしょです。簡単でしょう(*^_^*)
マドレーヌ型やパウンド型で焼くのとは、また、まったくちがった感じになります。素晴らしい。

DRYを全部ボールにあわせて、まぜ(めんどうでない方は粉をふるいましょう。)WETを別のボールに入れて泡立て器でよくまぜて、DRYとWETをさっくりあわせます。
ワッフルメーカーにあまり一度に入れすぎないくらいの分量(おたま半分くらいかな)で焼きます。
サックサクの焼きたてを食べましょう。食べすぎに注意です。(笑)
豆乳ホイップや、ラム豆腐クリーム、ジャムやコンポートを添えたら、おうちヴィーガンカフェごっこができること間違いなし!です。笑

■ Comment

あ!また夜中においしいもの作って食べてるw
写真からもサックサクが伝わってきます。とってもおいしそう~♪
卵やバターの役割・・・。私もいま考えているんだけど、バターを使わずにパイの層ができるかしら?

これ、ほんっとに簡単なんだよ~。ワッフルメーカーだと、オーブン温める手間と時間も省けるから、さらにすぐできてしまう。

ベルギーワッフルはやっぱり、本家本元のレシピで作った、どっしりしてて、卵の風味でバターっぽくお砂糖がガリっという感じが最高だと思うのよね。
なので、それはやっぱり卵とバターをたっぷり使わないと無理っぽいなーと思って、よく、カフェのメニューにある「ワッフルセット」のワッフルみたいにベルギータイプじゃない軽い感じのだったらヴィーの素材でもできるよな、と思ってやってみたという次第なのですー。ってことは、これ、甜菜糖入れないで作って、パンケーキでもイケルかも。笑
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。