スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里芋とれんこん、厚揚げの煮物定食

これが、また夜中にお腹が減ってしまったものだから、明日用に作ったおかずを真夜中の夜食にいただいてしまったのです。(写真に移っているのは、そう、えびです。これはけんこ用に。)
里芋とれんこん

めづらしく下ごしらえ(といっても、ただ、皮付きのまま煮て、さめてからつるっと皮をむいただけ)してあった里芋と、厚揚げ(うちでは、さしずめ、普通の家庭の豚バラとか、そんな感じかな)ラブリーれんこん(れんこんはいつも料理するたびに、その切り口がラブリーで、うわぁ、きゃわいい!と毎回、一人で盛り上がっている。)をみりんと醤油、白だしで煮たものなんですけれど、これがまったくうまい。
なぜかというと、私はおどろくなかれ、生のリンゴが食べれなく(あの、空気の粒が細かいシャキっとした食感だけが苦手なのです。。リンゴは大好きです。すりおろしたり、煮たりジュースももちろん大好き)その食感に近いものもやはり苦手としており、筆頭にはれんこん、セロリ、クワイなんかもダメなんです。味は好きなんですよ!!
ということで、レンコンさんをいただく時は、けっこうちゃんと煮る、またはもっちりとするまで焼く、すりおろすなどで対応します。
そして、さらに驚くなかれ!!里芋も苦手です。というより、芋、豆類が苦手です。
(あー、いっちゃった(ーー;)でも、いわゆるみんなが、わし、これ嫌いじゃ!というような「嫌い」ではなく、苦手。食べれないのではなく、どちらかというと、進んでは食べないというところです。(なーんか、いいわけがましい(ーー;)
ジャガイモはみずから進んで料理したことはなく、(けんこが大好きなのに。。)無農薬野菜の宅配セットがきても、里芋、じゃがいも、にんじんはいつまでも、どろがついたまま(あー、言っちゃった(ーー;)
なんか、里芋定食の話じゃなくて、好ききらいのカミングアウト大会になってますが。。
で、このあまり得意でない食材が2つも入っている煮物なのにまったくうまいっ!のは、自分の好きな食感になるよう工夫しているからなのでした。
レンコンは薄切りにして、無水鍋でゆっくり蒸し煮。その後、厚揚げを入れて、油を吸わせる感じ。そして里芋を入れて、煮汁を含んでとろっとろになるよう、食材に水分を内包させています。
無水鍋はそれが得意技。こうやって作った煮物は苦手な食感の食材で作ろうが、おいしくなってしまうというわけです。

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。