スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路島の玉ねぎ

淡路島玉ねぎ

最近のいちばんうれしいことのひとつに、「淡路島の玉葱が生産者から直接手に入るようになった」ということがあります。
今働いている会社の事業の一環に、農業ベンチャー支援制度があり、独立就農者を支援していて、淡路島にある農地(研修地)で農業で起業したい人々が、日々おいしい野菜を作っていてそれが購入できるのです。

淡路島の玉葱は甘くておいしいというのは前からほうぼうのメディアで見てなんとなく記憶していたり、デパートの野菜売り場で「淡路島の玉葱1個いくら」みたいに、なんか特別扱いされてる~?みたいなことや、紀伊国屋に冷凍で玉葱のみじん切りが売っていて、これも「淡路島産」となっていたり、どうやら全国的においしいらしい、という認識を持ち始めたころでした。
自分で意識して他の玉ねぎと比べたり味わったことがなかったので、まず食べてみたいと思っていました。

実は、前回のベジカフェの際に、この淡路島玉葱を使ったコンフィ(玉葱の飴色炒め)を、ベジバーグやキッシュにどうしても入れて作りたくて、直前の金曜、会社帰りに、紀伊国屋に買いに行きました。(売っていることは既にチェック済みでしたので)
そして、冷凍ケースの前に立って「玉葱!玉葱!!淡路島~!!」とさがすこと数分。
ないのです。これさえあれば、野菜のだしはOK。甘くて濃厚なこくが実現できるとばかりに勢い勇んで買いに行った淡路島玉葱みじん切りがありません。
しかも、みじん切りされているので、時間も大幅に省ける!と、かなりこれに頼る気まんまんでした。
(毎回玉ねぎ30個はみじん切りにしていると思うのですが、何に時間がかかるって、これに時間がかかるのです)

ないなんて、そんなことはなかろう、どこかにあろう。と、しばらくさがしましたが、やはりないので店員さんに「どこにあるんですか~?」と聞いてみると、「今品切れですねー。週末には入荷すると思いますー」と。。
「シ・ナ・ギ・レ、トイイマシタカ??」まさかー?あさってベジカフェでんがな~。
いまさら、別のもの使えって、そんなー。。どないしょー、がっくし。
タイトにタイムスケジュールしている段取りも、もろくもくずれさりました。

これがまた、こんなようなことが毎回、多かれ少なかれ必ず起こります。
材料の調達には、ほんといつも、仰天することが多く。。笑
事前にチェックして、ここの売り場は××が新鮮でいい感じなので、次回はここで××を買う!
と思って、直前の金曜、土曜に買いに行くと「ない」!!なんてーことはあたりまえ。
5、6人分とか、10人前とかだったらさておき、毎回つごう30セットはプレートもカレーも用意することにしているので、見積もっていたものが買う予定にしていた店にないとかなりたいへんです。
生鮮食料品なので、買い置きもできず。。こればっかりはへこむし、悩むし、毎回へこたれそうになります。代わりのところで代わりのものを買うの納得いかないし。
でも毎回、どうにか終了しています。神様はその人が乗り越えられる試練のみ与えてくださる。(と何かのドラマで言ってましたっけ)笑。
さて、次回はどんなハプニングがあるんでしょうねぇ。。と話は大きくそれましたが。

念願の淡路島玉葱が手に入るようになったのでとてもうれしいという話でした。

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。