スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窯焚き@嬬恋アトリエにて

久しぶりの軽井沢。
土曜日に、堤氏の工房へ、登り窯の初見学と撮影に。
いやー、すごかったです。はじめて見ましたけれど、ふだん使わせてもらってる陶器がこのように作られるなんて、想像だにせず、というか窯で火を燃やして焚くということは、知識として頭でわかっていたんですけれど、体感するのって、天と地の差です。
数日、夜通しで、6分くらいおきに蒔きをくべ続けるんです!
そして、できあがるんですよぉ!
おそるべし、体力と気力。
窯焚き

そして、ものすごい炎が窯の中では燃えてるんですけれど、なんとも気持ちよくって、撮影中、窯の目の前で何度か爆睡してしまいました。
自然と炎と環境に癒されたんでしょう。

いやー、すごい仕事だ。

ある本の中で、イタリアの陶芸家がこんなことを言ってました。
陶芸は、火と土と水と空気のすべてを使う奥深いスローな仕事だ。
どれにも精通していなければならない。
「陶芸は料理と同じ。作る人の愛や歓びは必ず伝わるものさ。」

そして、この週末の連休は、よろこんで陶器を焼く職人の陶器と、よろこんで料理を作る料理好きのスイーツ&アペリティフの融合を青山のギャラリーでやります。
ご案内のリンクはこちらから↓
http://www.hacgallery.com/ex20091120.html
是非、お時間のある方はお越しください。

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。