スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のおわり秋の入口

今日は天国のように素敵な天気だった。
立秋を過ぎて、やっと本来の夏っぽい天気になったが、空気がもう既に秋の空気だ。

朝、昨日の晩から「久しぶりに朝市でも行こうか」といっていたのに、けっこう朝ねぼう。
10:00ころ起きてすぐ葉山港に向かった。コーヒーの一杯、野菜の一個、しらす丼の一つくらい買ってかえれるだろうと思いきや、もうほとんど店じまい。「ざーんねーん、けっこう早いんだね。。」とぶつぶつ言いながら、さて、この後どうしよう、となった。
私は、いつもの週末のごとく、すいかを買いにいって、充麦さんでパンを買いたかったので、そう提案し、一路三浦へ向かった。

車に乗っていると、日差しがとても暑い。しかし、今までとうってかわって、風が涼しくて心地よい。湿気が含まれていないのだ。
江奈湾

久しぶりに横須賀園芸に立ち寄った。通りがかりに見えて気になっていた実のなっている大きな木を見に行くと、かなり大きな林檎の木だった。
「へぇ、すごいね。林檎がなってるよ。」
その他、いちじく、アーチに仕立ててある大きな葡萄の木(たくさん実がついていてすばらしい様子)柑橘類、ブルーベリーなどなど、果物の木がたくさん。久しぶりに購買意欲を刺激されたが、何分葡萄の木は大きさと仕立ての様子もかなり良くて28000円とまったく手が出ない。
代わりに、木は小さいけれど房のたくさんついているキャンベルを購入した。大きくなって、たっくさん実がつくといいね。

その後、近くの「ファームかねとき」さんにスイカを買いに。
「こんにちわー。マダーボールください!やっぱり、果肉がやわらかくて粒子が細かいほうが好きなんです。云々かんぬん。」しばしスイカ談義。今日は、かねときさんにマダーボールのおいしい音の聞き分け方を教えてもらう。中指をはじいて、こんっこんっ、と音を聞く。「こういう、高い音のほうがいいんだよね。。」いくつも叩いて音を覚える。
中くらいのを2つ購入。今年はいつまでスイカ買えるかな。

道すがら三浦海岸沿いを通って、澄んだ空気と青い青い海を見る。浜辺にまだたくさんの人が海水浴に来ているのを見る。いつもここを通るのはなぜか夕方。こんな夏の真昼にあまり通らないのでたくさんの海水浴客にびっくり。「なんか、海水浴場みたい」

かねときさんから、充麦さんに向かう途中、江奈の干潟を通った。
最初腰が痛くて、早々に家に戻りたい様子だったけんこは、この干潟が、大大大好き。ちょっと元気になり気持ちのよい天気も手伝って、干潟近辺を散策となった。
シギがたくさんいて、周りに人がいないことを一応確認して、シギが鳴くたび、「ぅっぎゃー」とか「ギョエー!!」とかいいながら、その鳴き真似をした。
干潟

宮川公園をまわって風車のまわる巨大な影が道路に落ちてまわっているのを見て、「ぎゃあーー!!!切られる~!!」とはしゃいでその上を通り過ぎた。

充麦さんで、私は、充麦バケットとくるみとクランベリーのパン、けんこはエピとバターロールとメロンパンを買って、小麦も分けてもらった。車にのって美味い美味いとむしゃむしゃ食べた。

まだまだ、書ききれない、夏の終わりと秋の入口があった。
ぐるーっとまわりながら、たくさんの空と海を見て家に戻った。

ぐー(雄猫)は、充麦さんのバケットを枕にしばらく昼寝。私も夕方うとうと昼寝。

そして、夜。もうひぐらしは鳴かない。秋の虫たちが涼しげな音でひかえめに鳴いている。

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。