スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地産地消か。。

小網代の夏

今日は、スイカを買いに、先週おまけしてもらったおばさんのいる直売所へ、ともすれば昼寝して終わってしまいそうな午後に少しだるい体をゆっくり動かして、でかけて行きました。
というのも、そのスイカ、すっごく甘くてジューシーでおいしかったから。
形の悪いスイカを安売りしていた箱の中から私が選んだものが、おばちゃんの「ポンポン」とたたいた長年の感じで、「スが入ってんから、おまけしてあげるよ」とのことで、さらにおまけしてもらって、「また来るねー!」とニコニコで帰ったのが、先週末。正直食べるまでは、「さて、おいしいかな~」と若干思っていたのです。が、食べてびっくり、何と、きめ細かく水分がたっぷりで、甘くておいしかったこと!
これは、毎週買いにいかにゃ~と、なったわけでした。
今日も、形の悪い安いすいかの中から、おいしそうなのを、みつくろってもらって、トマトまでオマケにつけてくれた。おばちゃん、ありがとう!

すいか直売所の少し手前で充麦さんによりました。先週買えなかった分、今日はわくわくして行ったのだけれど、残念ながら、パンは売り切れ。もっと早い時間にいかないとダメなんだな。また、一週間さみしいなぁ。
私が充麦さんを好きなわけも、間違いなくおいしいパンであることは大前提として、自分たちで、小麦をこの地で育て、パンを作ってるってこと。それがやっぱり私のものさしでは、いちばん自分が食べたいパンとなるわけで。

土曜日にけんこと、金沢八景のスーパーで野菜を見ていたんだけれど、神奈川産、三浦、湘南産と書いてあるものは、ほとんどなくって、どれも遠いところから来た野菜たち。
スイカだって、ほど近い三浦のスイカがこんなにおいしいのに、おいてあるのは遠くのスイカ。
一般の人が無意識に地産地消を実現するのって、なかなかむづかしいのかな。。
その流通経路自体を変えることがむづかしいのか。
そうすると、あとは消費者の意識だよなぁ。
なるべく地元でとれたものを食べるようにしよう、遠くから運んでくるのには、輸送費などのコストもかかり、CO2も排出され、あんまりいいことないぞ。って思うか否か。
まあ、うんちくはおいといたとして、私は近所でとれたものを食べるのが嬉しくて、好きなだけなんだけどね。

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。