スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日・ぜんぜん関係ない話

今日は、私の誕生日です。何回目かな~。。

で、昨日、日曜日、実家にて、同じく6月生まれの妹といっしょに誕生日をお祝いしてもらいました。
その際に、最近実家に取り付けたIHクッキングヒーターに付属のてんぷら鍋(?)について、いろいろと意見が飛び交い面白かったので、ちょっと書いてみます。
その付属のてんぷら鍋は、母いわく「おそまつな鍋」で使えないため、それで料理をしようとは思わないとのこと。それを聞いた父が、油の温度があがって危ないので、それ専用の鍋がわざわざついてきているのになぜ使わないのか、「これだもんな~、まったく。(苦笑)」とのこと。
それを聞いて私は、「まあR子は、家電製品に付属してきた鍋を使うようなダサい(あ、失礼!)女性ではありませんよ、ええ。ええ。」と声にはださず、様子うかがいながら、ニヤニヤ。
すると、けんこが「あなたたち(=R子&私)は、まちがっている、なぜそのために付属されてきている鍋を使わないのか、ついてくるということは、それなりの意味があるからで云々かんぬん。。」ふむふむ。。。そこで、よっけが、IHのしくみについてを、ひととおり論理的にわかりやすく説明。
と、まあ、こんな感じでした。そしてこれ以降、まだやり取りは続くわけですが、それぞれの役割、特徴が顕著にあらわれていて面白いなと思いました。

実のところ、私はIHクッキングヒーターを購入の際に、2、3(そんなにたくさん調べたわけではないけれど)説明文を書いてあるサイトなどを見ておった。何十万も出して、電化に変えて、揚げ物するのに、付属のおそまつな鍋しか使えないなんてこと、どう現実的に考えてもありえないと個人的には思いながら聞いていたんだけど、うっすらと「センサーで使用されている赤外線の何とかを改良することで、付属の鍋以外の金属鍋でも、揚げ物料理が作れるようになった」というような説明文を見た記憶は、あった。
でも、もし、このような記事を私が読んでなかったとしても。
日々、いろんなお料理の本や料理のサイトを見て過ごしているので、経験則ではなく(もちろん、うちにはIHクッキングヒーターはないので経験はない)いろんな鍋でIHクッキングで揚げ物やらてんぷらやらをしている記事を見ているわけで、そのついてきたお鍋しか使えないなんてことは、ないと、それこそ経験なしでもわかると思っていた。

そして、その鍋を使わないのは、ウィリアムモリスの「役に立たないもの、美しいと思わないものを家に置いてはならない。」的な目を持ち、私が小さなころから「友の会」にて、羽仁もと子さんの思想のもと、何でも手作りし、それは今のいわゆる悪い言い方をすれば「手抜き料理」的なものではなく、暮らしの手帳的な、手間隙かけて料理の美味しさや、粋な食べ物、食べ方を教えてくれたR子ならではのポリシーだと思うのだ。
本人は、そんなポリシーだなんて大袈裟なこと、ぜんぜんまったく考えてないと思うけど。(笑

「見ただけでわかるでしょ!あんなおそまつなの、誰が使うのかしら」くらいのものか。そんなこと彼女にとっては、どーでもいいのだ。
そして、「これだからな~」とおっしゃる輩たちは、その「そんなの、どーでもいいのだ」という姿勢がひっかかるのかもしれない。「ポリシーと、実際に危ないというのはちがうのだよ」と言いたいのかもしれない。(でも、実際にも危なくない(笑)

でもね、「餅は餅屋」じゃないけど、料理のことや、その道具のことやその領域に言及できる立場じゃないってこと。
いまや、当たり前になった感のある、無水鍋や圧力鍋は小さいころから台所で活躍し、「ビタクラフト」がお気に入りだったR子ですから。
そんな背景や、そのやってきた仕事の歳月、もちろん力量のちがい、九州のエキセントリックなお寺の娘が、何十年も前から、それこそホルトハウス房子さん的な料理や、それにかかわる道具のチョイスをしてきていることを、知ってか、知らぬか、きっと知らず、横において「これだからな~」なんて言えちゃうのは、身の程しらずというものなんですよ、ねぇ。
危ないと思うのだったら、そこをフォローするのが、粋な男子たるもの。うつわの大きさがわかるところ。なんて、肩持ちすぎですねぇ。わたしも、実はどっちがどうでもいいんですけどね(笑)
でも、自分の料理好きや、審美眼がR子に育てられたことによって確立されたことは感謝してるので、誕生日、お礼にかえて。(なんとか、無理やりまとめてみた?・笑)

■ Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。