スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある日のシャルロットフレーズ


そろそろいちごが出回る季節なので、(まだだっけ?笑)これ、また作りたいな~と思っています。外側のヴィスキィ生地は山芋を入れたらみごとに卵白の代わりをしてくれたように思うほどの出来でした。


中はピンクシャンパンといちごのムースです。(例によって洋酒がたくさん。笑)上はイチゴとブルーベリーをのせて、コアントローのジュレをかけました。NHK BSで海外の男性イケメンのパティシエ・笑がお菓子を作る番組のシリーズがあって、見てたら作りたくなっちゃったんだよね。

これワンホール食べるの楽しかった~。笑 今年のクリスマスはこれ作ろう。もうそんな季節だね。
スポンサーサイト

西御門サローネのイベントでヴィーガンスイーツを

11月24日(土)「西御門サローネでアーティストバンクと遊ぼう!」というイベントで、ヴィーガンスイーツを出させていただきました。
西御門サローネは鎌倉の西御門にある旧石川邸、鎌倉市の重要景観建造物になっている洋館でとても素敵なところ。
今回は彫金作家の小笠原加純さんからご依頼いただいて、加純さんがデザインした石臼コーヒーミルでコーヒー豆を挽き、豊田麗さんの器でコーヒーを楽しみ、麗さんのお皿で私のヴィーガンスイーツを召し上がっていただく、という贅沢なコラボでした。他にもたくさんの鎌倉のアーティストさんが参加されていました。
これは、夕方のサローネの外観。
鎌倉アーティストバンクについてはこちらからご覧ください。



麗ちゃんの器に、香高いコーヒーと、私のスイーツがのっているところ。すでに一口二口、食べ始めてしまっています。笑 今回焼いたスイーツは、トルタカプレーゼ。イタリアのチョコレートケーキで小麦粉ではなく本来はクルミの粉を使って焼くお菓子です。今は手軽に入手できるアーモンドプードルで作られれることが多いのですが、今回は、クルミとヘーゼルナッツのパウダーをつかい、コアントローもたくさん入れて、口に入れるとふわっとナッツの香りとオレンジの香りがするように作りました。もちろん、白いお砂糖、卵、バターなど動物性食材は無し。みなさん、「おいし~!」といってくださっていてホッとしました。楽しんでいただけたかな?



石臼のコーヒーミルは石彫作家の酒井伸介さんの作品。時計と逆まわりに石臼をまわすとコーヒー豆が挽かれて加純ちゃん作の銅のお皿に挽かれて落ちるしくみ。ゆっくりとした時間が流れて、部屋中コーヒーの良い香り。二階の和室は木地の火鉢で暖をとっていて、部屋のガラスも昔のゆらゆら硝子。外の木々の様子もなんだかちがって見えるから不思議。



当日、LIVEで参加されていたCITTAさんもLIVE後に、コーヒー&ケーキを食べにきてくれました。



私も、ご来場されていたケーキを召し上がってくださった方々とお話し&お礼をして、LIVEも楽しんでかえってきたのでした。みなさまありがとうございました。(^_^)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。