スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「天のしずく」について

天のしずく

みなさま、お久しぶりでございます。前回の記事で少しふれましたが、今、辰巳芳子さんのドキュメンタリー映画「天のしずく」に関わるお仕事をしています。
今日は少し映画のお話、ご紹介をしようと思います。

辰巳芳子さんは、鎌倉在住の料理家、随筆家で、家庭料理、家事差配の名手として日本の料理家の草分けであるお母様の辰巳浜子さんの傍ら、料理とその姿勢を受け継がれ、広い視野と深い洞察に基づいて日本の食に提言しつづけている方です。
最近は、雑誌クロワッサンで何度か特集されていたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。
その辰巳さんのドキュメンタリー映画を、震災以降「食」について様々な問題に直面している今、制作会社に『ミツバチの羽音と地球の回転』のグループ現代、プロデューサーは小泉修吉さん(同、ミツバチの羽音と地球の回転)、監督は河邑厚徳さんで制作しています。

完成予定は、2012年来春で公開は同2012年おそめの秋を予定しています。
映画の概要や辰巳さん、製作スタッフのご紹介は、天のしずく公式ホームページから、よろしければぜひご覧になってみてください。
公式ホームページURL   http://tennoshizuku.com/

私が辰巳芳子さんを知ったきっかけは、もともとお母様である辰巳浜子さんの名著「手しおにかけた私の料理」「娘につたえる私の味」を、うちの母が家庭で作る料理の基本の一冊として私がほんとに小さな頃から使っており、いつも食べていた一皿一皿が全部網羅されている感じで、それを後に芳子さんが同タイトルでたぶん同じ装丁で再編され、そこから知ることとなりました。
今、このお仕事をさせていただいているのは、偶然なのですが、料理が好きな私としてはとてもありがたいことだと思っていますし、ドキュメンタリー映画という世界に携われたものとても幸運なことだと思っています。

私が料理好きであることのルーツや、食いしん坊であることのルーツ、そしてていねいに作ること、料理と愛はセットであること、など頭で覚えたことではなくて体に染み込んでいることの多くが、丁寧に育ててもらう中で母から受け継いだものの中にたくさん入っているということを再認識させてくれる機会となったこの映画との出会いでした。


FACEBOOK、twitterもあるので、フォローしてくださいね~☆
facebook   http://www.facebook.com/tennoshizuku
twitter   @tennoshizuku


スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。