FC2ブログ

2009 Art Works@Aoyama H.A.C.Galleryです!

先日、作成したギャラリーの入口に貼る用のポスター。
嬬恋の自然と、登り窯の炎も盛り込んで、ちょっとストーリーがある感じでしょうか。
2009個展ポスター
会期:11/20(金)~11/24(火) 11:00-18:00
マクロビカフェは、11/21(土)~11/23(月) 14:00-17:00です。
みなさん、ぜひ、お越しください!!
メニュー:
スイーツ  リンゴとカランツ、ヘーゼルナッツとくるみのクランブルタルト
抹茶プリン
白玉ぜんざい
ズッキーニのガトーショコラ

お飲み物   
醍醐のしずく(寺田本家 日本酒)
オーガニック白ワイン
お酒のお供
秘伝豆酩(豆腐のもろみ漬け)
国産ドライいちじく

三年番茶(マクロビ定番)
オーガニックアールグレーティ(タルトといっしょに!)
たんぽぽコーヒー
sugiyamadai-worksの濃口ブレンド  

青山H.A.C.Gallery http://www.hacgallery.com/ex20091120.html
アクセス&インフォメーション

スポンサーサイト



ヘーゼルナッツの威力

ヘーゼルナッツ

さて、こちら、何に見えますか?
何か、殻つきのナッツですね。

これは、ヘーゼルナッツです。
先日焼いた、クルミのクランブルのタルトのクランブルの部分、ジョエル・ロブションのレシピは、皮つきのヘーゼルナッツ粉を使っています。
常備しているものではなかったので、皮つきアーモンド粉をこの前は使いました。
アーモンドプードルでも、もちろん、おいしかったのですが。

今日は、葉山のタントテンポに寄れたので、ヘーゼルナッツパウダーありますか~、とのぞいてみました。「殻つきなら、そこにあるやつ」といわれて、そうだよね、殻つきなら、いつも置いてるよね、と思ったんだけど。今から横浜そごうの富澤商店までいくものなんだなー、としばし考え。。
試食させてもらって、ローストしてるけど、塩気はなかったので、「よし、これをミキサーで粉にして、焼くべし!」と購入。
写真は、殻をむいて、重さを量っているところ。
一回のタルトで25g必要なのだ。

そういえば、むかーしから、ヘーゼルナッツ好きでした。
カナダに居た時も、カフェで特に日本みたいに、おいしいコーヒーが飲めるわけではないので、(ケベックの方は、別ですよ。フランス語文化圏の方は、コーヒーもバゲットもおいしいと聞きましたけん。私がいたのは、ポテトと肉の方ですけん)へーゼルナッツのフレーバーコーヒーばかり、飲んでましたっけ。
セガフレードでも、フランジェリコ(ヘーゼルナッツのリキュール)必ずショットでいれてもらってましたっけ。
と余談が長くなりましたが、このうす皮のついたままのむきたてへーゼルナッツをマジックブレッドでガーと粉にして(ほんと、便利)クランブル全量をその粉で作りました。
これが、アーモンドとはぜんぜんちがって。ものすごおく、ヘーゼルナッツを主張したタルトになりました。焼きたては特にすごかった。
おいしーよー、すごい威力。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示