スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長く不思議な夜 -その2-

買い物を済ませて、美学に行くと、たいへん盛況で、しばらく一人で、ベジプレートに使う皿を穴のあくほどじーーっとながめながら、何を出そうか、どういうレイアウトにしようか、考えていた。

毎回思うのは、スープを出したいということ。
でもプレートと別にすると、スープだけでオーダーする人がどのくらいいるか検討がつかなかったし、(そういってしまえば、プレートだって、どのくらい食べていただけるかは、もちろん未知数なのだけれど)プレートに含めるとコスト的なものが。。。だったのと、やはりあたたかいスープを出したい、しかも軽くて素材そのもののような、スープ。となると、出す直前にミキサーにかけたい。今のところ、一人でセットしているうちは無理無理。星のついたフランス料理やの厨房じゃあるまいし。で、いつも見送っていた。
プレートの上にスープの入った小さいガラスの容器を置けるか?かなり小さいものだったらおけるだろう。
などなど、いろいろ考えているうちにだんだんお客さんもひけてきた。

そんな中で、小学生のころ、おっかけまでいかずとも、生活の中心となっているくらい好きだったバンド(今でも空で、英語の歌詞全部歌えちゃうって若い脳みそはすごいね・w)のメンバーが最近よくここに訪れていることを知って、小学生の私に教えてあげたかったな~と思ったり、最後のお客さんが、大好きなジョアンやミルトン・ナシメントを弾いてくれたりして、ちょっと鳥肌がたったりしながら、不思議に長い夜はふけていった。

スポンサーサイト

長く不思議な夜 -その1-

青山のマクロビカフェが無事終わってから、なんとも冴えない一週間だった。
開期中に風邪をひいたが気力で封じ込めていたのが、噴出したか、ひと段落ついてやはり疲れていたのか、とにかく体調が悪かった。
それに加えて駅のコンコースで、ほんの一瞬の間にすべって見事に転倒するという災難にも見舞われ、転倒直後は右手が動かなかったので、「これで料理ができなくなる」と瞬時に思い、少々パニくった。
そんな中でさらに具合は悪化し、金曜は葛根湯を7本一気飲みして這うように会社に行った。
と、思い出しただけでも楽しくない一週間だが、これはこれとして歴史に残る一週間なのだろう。

で。
今日は、朝、市場に行って、旬の野菜チェック。来週にせまったベジカフェに使えそうなのは。。。
カリフラワーと。。。ごぼうかなぁ。あんまり種類がない。新じゃがか。自分がじゃがいも得意じゃないから、あんまりイメージわかないな。

で、今日、鎌倉美学に、最近超お気にいりの、ヘーゼルナッツクランブルのりんごタルトを持っていって食べてもらうために焼いた。
焼きあがってすぐ、紀伊国屋が閉まる前に、メープルシロップや水切り豆腐を買いたかったので、急いで車にのって出かけた。


マクロビCafeの部、終了!

HAC_0






2009年11月後半の3連休
外苑前の絵画館通り(銀杏並木)が人でごった返す中










HAC_1

横断歩道を渡ってちょうど反対側、絵画館が真正面に見えるところに、ギャラリーがあり


HAC_2

毎年同じ時期に陶器の展覧会をやっています。

HAC_3

今年はそこに、おいしいもの好きの食いしん坊が作るマクロビオティック・スイーツを食べれるカフェスペースがOPENしており
何でも、sugiyamadai-worksのコーヒーや、寺田本家の日本酒や、白砂糖や卵や牛乳を使わないスイーツなどなど、が食べれるという話でした。(おいしいものが勢ぞろい)

HAC_4

えっ?行ってみたいって?
残念ながら、月曜日までで終わってしまいました。

HAC_5

とても素敵な展示会&カフェでしたよ。
また、来年まで楽しみに待っててください。

♪い~ちに~ち、1個、み~っか~で3個

これは、ヘーゼルナッツクランブルのタルトの作成途中。
開催中の青山のマクロビカフェで、1日一台は出てしまうので、毎日1個仕込みをしてます。
この上に、ヘーゼルナッツのクランブルと、手で荒く砕いたクルミをのせて、オーブンで焼いてできあがり!
カフェの前から何度か試作をして焼いていたので、さて、今日の分で何台目でしょうか。
毎日コンスタントに作っていると、手順も整い手際も良くなり、実に可笑しいのが、オーブンをあたため始めて、1つの作業が終わって、オーブンの残り時間のカウンタを見ると、いつもだいたい同じ時間なんだけれど、日々少し短くなっているということ。笑
最初はとても大変な気がした、このタルトの制作手順も、いまや慣れたものです。

タルト2
昨日も、様々困難に見舞われて、(笑)ものすごくいきなり風邪になってしまって、駅からも歩いてかえれない感じになり、迎えにきてもらって、「寝るときにおこしてほしい」とけんこに一言お願いして、パタンとねてしまい、2時くらいに、むっくり起き出して、自動的に、ボールと泡だて器を持ち「カッカッカッ」と材料をまぜて、はたと「甜菜糖、20g足りん。。」どーしよ、どーしよ、今から大船の西友(24時間)まで行く??どーしよーか、、なんてしばらく悩んでいたら、視界の右端に「メープルシュガー」という文字が見え、「そうだ!これ使おう!!」と困難を脱出。

その後、ガトーショコラを仕込み終わり、さて、デコ型にいれるべし~と型をさがすが見つからない。どうやらギャラリーにおいてきてしまった模様。一難去って、また一難。
どーしよ、どーしよ、今から大船の西友(24時間)まで行く??どーしよーか、、なんてしばらく悩んでいたら、棚をあけたところに、前に買ってあった紙のデコ型を発見!
こーれーつーかーおー!!!と喜びいさんで、この紙型に流しこんだ。

Veggy Sweets Cafeやってます!@青山HACギャラリー

2009個展1

この連休、お知らせしていました、青山H.A.C.Galleryにて、堤氏の陶展と、マクロビカフェが催され、連日たくさんのかたがたにご来場いただいています。
みなさん、ありがとうございます!

とても和やかな雰囲気の中、お茶やスイーツを、お好きな陶器で召し上がっていただくことができて、幸せです。

明日まで、やってますよ~!
寺田本家の日本酒と、sugiyamadai-worksの焙煎したてのコーヒー、白砂糖も卵も生クリームも使わない、おいしいスイーツ揃っています!(夢のようなお店ですね~・笑)
まだの方は是非!!お待ちしてまーす!
タルト

2009 Art Works@Aoyama H.A.C.Galleryです!

先日、作成したギャラリーの入口に貼る用のポスター。
嬬恋の自然と、登り窯の炎も盛り込んで、ちょっとストーリーがある感じでしょうか。
2009個展ポスター
会期:11/20(金)~11/24(火) 11:00-18:00
マクロビカフェは、11/21(土)~11/23(月) 14:00-17:00です。
みなさん、ぜひ、お越しください!!
メニュー:
スイーツ  リンゴとカランツ、ヘーゼルナッツとくるみのクランブルタルト
抹茶プリン
白玉ぜんざい
ズッキーニのガトーショコラ

お飲み物   
醍醐のしずく(寺田本家 日本酒)
オーガニック白ワイン
お酒のお供
秘伝豆酩(豆腐のもろみ漬け)
国産ドライいちじく

三年番茶(マクロビ定番)
オーガニックアールグレーティ(タルトといっしょに!)
たんぽぽコーヒー
sugiyamadai-worksの濃口ブレンド  

青山H.A.C.Gallery http://www.hacgallery.com/ex20091120.html
アクセス&インフォメーション

ヘーゼルナッツの威力

ヘーゼルナッツ

さて、こちら、何に見えますか?
何か、殻つきのナッツですね。

これは、ヘーゼルナッツです。
先日焼いた、クルミのクランブルのタルトのクランブルの部分、ジョエル・ロブションのレシピは、皮つきのヘーゼルナッツ粉を使っています。
常備しているものではなかったので、皮つきアーモンド粉をこの前は使いました。
アーモンドプードルでも、もちろん、おいしかったのですが。

今日は、葉山のタントテンポに寄れたので、ヘーゼルナッツパウダーありますか~、とのぞいてみました。「殻つきなら、そこにあるやつ」といわれて、そうだよね、殻つきなら、いつも置いてるよね、と思ったんだけど。今から横浜そごうの富澤商店までいくものなんだなー、としばし考え。。
試食させてもらって、ローストしてるけど、塩気はなかったので、「よし、これをミキサーで粉にして、焼くべし!」と購入。
写真は、殻をむいて、重さを量っているところ。
一回のタルトで25g必要なのだ。

そういえば、むかーしから、ヘーゼルナッツ好きでした。
カナダに居た時も、カフェで特に日本みたいに、おいしいコーヒーが飲めるわけではないので、(ケベックの方は、別ですよ。フランス語文化圏の方は、コーヒーもバゲットもおいしいと聞きましたけん。私がいたのは、ポテトと肉の方ですけん)へーゼルナッツのフレーバーコーヒーばかり、飲んでましたっけ。
セガフレードでも、フランジェリコ(ヘーゼルナッツのリキュール)必ずショットでいれてもらってましたっけ。
と余談が長くなりましたが、このうす皮のついたままのむきたてへーゼルナッツをマジックブレッドでガーと粉にして(ほんと、便利)クランブル全量をその粉で作りました。
これが、アーモンドとはぜんぜんちがって。ものすごおく、ヘーゼルナッツを主張したタルトになりました。焼きたては特にすごかった。
おいしーよー、すごい威力。

窯焚き@嬬恋アトリエにて

久しぶりの軽井沢。
土曜日に、堤氏の工房へ、登り窯の初見学と撮影に。
いやー、すごかったです。はじめて見ましたけれど、ふだん使わせてもらってる陶器がこのように作られるなんて、想像だにせず、というか窯で火を燃やして焚くということは、知識として頭でわかっていたんですけれど、体感するのって、天と地の差です。
数日、夜通しで、6分くらいおきに蒔きをくべ続けるんです!
そして、できあがるんですよぉ!
おそるべし、体力と気力。
窯焚き

そして、ものすごい炎が窯の中では燃えてるんですけれど、なんとも気持ちよくって、撮影中、窯の目の前で何度か爆睡してしまいました。
自然と炎と環境に癒されたんでしょう。

いやー、すごい仕事だ。

ある本の中で、イタリアの陶芸家がこんなことを言ってました。
陶芸は、火と土と水と空気のすべてを使う奥深いスローな仕事だ。
どれにも精通していなければならない。
「陶芸は料理と同じ。作る人の愛や歓びは必ず伝わるものさ。」

そして、この週末の連休は、よろこんで陶器を焼く職人の陶器と、よろこんで料理を作る料理好きのスイーツ&アペリティフの融合を青山のギャラリーでやります。
ご案内のリンクはこちらから↓
http://www.hacgallery.com/ex20091120.html
是非、お時間のある方はお越しください。

至福のスイーツタイム@嬬恋

嬬恋の、堤君の登り窯がある山荘にて、3人、こたつにあたりながら。

窯焚きの合い間にクルミとヘーゼルナッツクランブルのリンゴタルトを食す。
ヘーゼルナッツクランブル

ぱくぱくぱく。
ごくん。


ぱくぱく、ごくん。
!!!

3人:こーれーはー、うまいねーーーー。(合唱)

ぱくぱくぱく、うまっ!
ごっくん。
うまいねー。

むしゃむしゃむしゃ。
ごくん。
うまいねー、これ。
うまいうまい。

リンゴとカランツ、クルミのクランブル~J・ロブション風~なんて。

久しぶりにスイーツの記事です。

リンゴのタルト

ヴィーガンのスイーツなので、仕上げに粉砂糖などはふっていませんので、見栄えは何ですが。
これは、ジョエル・ロブションの本に出ていた、リンゴのタルトを、ヴィーガンバージョンで作ったもの。
明日の撮影用&カフェtime@新幹線用に焼きました。
明日は、新幹線で軽井沢まで、嬬恋の堤氏の登り窯に撮影をしに行きます。
コーヒーと共に田舎の風景を見ながら、食べるスイーツは格別でしょう。
やっぱり、お気に入り&心おきなく食べれるVEなスイーツがあるって、最高に幸せ。

タルトは、パートシュクレを焼き、リンゴのキャラメリゼを作り、クランブルノワゼットとクレームダマンドを作り、型につめて焼いたもの。
ただしいつものように、砂糖、バター、卵は使いません。


そう、最近、なぜかフランス料理にはまっています。
まあ、思い起こせば、ベースになることはいくつかあるんですが。
もちろん、肉も魚もないので、メインも何も??な感じですが、あの、料理してます感と、絵をかくような色どりとか、ソースが、あー、自分がやりたかったのは、これだったかー、って急に思い出したような感じ?

でも、バターは使えない、肉もない、魚のポワレもできない、砂糖、卵、生クリーム使わない。。。
どうやってやるんだ!!って感じですが。

できるんです。
今、いろいろ研究中です。


たんぽぽコーヒーは濃目がおいしい?

土曜日は、ベジカフェでいつも一週間分の体力を前借している分の最後の補填をするべく、昼まで寝て、起きてから葉山経由横須賀方面へ。釣具屋さんのある駐車場の裏側の海沿いの道で釣糸をたれている人、およそ50人。(ちゃんと数えました)
釣果があがっている人をよくみると、キラキラした感じのかなり大きな魚。いわしかな?
なんだか騒がしくて、空を見上げると、どこか米軍か何かの航空ショーをやっているらしく、小型の飛行機が空にハートマークを描いていた。
けんこと、釣したいねー、とその場を去る。

鎌倉市場日曜は、午前中に鎌倉の市場へ、旬の野菜をチェックしに行く。
この作業を毎週くりかえして、次回、使う野菜を決めて絞り込むことでメニューがだんだん決まってくるしくみ。
赤キャベツ、ルッコラ、かぶのような、切ると中がきれいなピンクの大根?を買う。
市場内のパン屋さんパラダイスアレーで、リュスティックとベーグル、ラスクを買って帰る。
家に帰って、リュスティックにベジハムをと採れたてのルッコラ、TOFUのクリームチーズをはさんだサンドイッチでお昼ご飯。
たんぽぽコーヒーはちょっと濃い目に入れたほうがおいしいね、と11月連休のマクロビカフェ用に、器と水の量、スプーン何杯かの組み合わせを決めるべくシュミレーションをした。


青山PURE CAFE

ベジカフェが終わって、すぐ、11月の連休中だけOPENする青山マクロビオティックCAFE(名称未決定)の準備、打ち合わせで、引き続きドタバタ。
この企画は、陶工の堤くんの器と、私のマクロビオティック・スイーツのコラボというもの。

昼は昼で会社勤めをしてるから、終わって定時にダッシュして地下鉄に飛び乗って、そのあとまた、ぜんぜん別な1日がそこから始まるので、1日がながーく感じる。
水曜日は、会社後に青山のH.A.C.Galleryに現地確認と打ち合わせに行った。

青山

頭を切り替える間もなく、青山通り。

HACGalleryこちらが、11月の21、22、23とマクロビオティックcafeをOPENするハコ、青山のH.A.C Gallery。
去年も堤君はここで3人展をやっていて、今年は個展。+マクロビcafe。
毎年進化していく銀杏のいちばん綺麗な時期の青山H.A.C Gallery。
どんな個展&cafeになるかは、いらっしゃってのお楽しみ。ここで、打ち合わせ&バックヤードなどの写真を撮りまくり、メジャーでサイズを測る。
cafeのメニューは、
タンポポコーヒー
オーガニックティー
sugiyamadai-works濃口ブレンド
オーガニック白ワイン
寺田本家の五人娘(日本酒)
BAKED TOFUチーズケーキ
ズッキーニのガトーショコラ
洋ナシのタルト
抹茶プリン
アールグレーのムース
など。



打ち合わせを終え、その後、せっかくここまで来たのだからとPURE CAFEへ。
(PURE CAFEは、ご存知のとおりヴィーガンカフェの草分け的存在。家ご飯でもよく作るし、私のメニューでも参考にさせてもらっているものは多々あり、いついってもわくわくするところ。)

PURECAFE

堤くんはニューヨークチーズケーキ。私は定番のマフィン。今日のは、プラリネって言ってたかな?
PURECAFEマフィン

そんなこんなで、話も盛り上がりながら、堤氏はまたこれから、次の場所へ、そしてその後、嬬恋のアトリエへ帰り、窯炊きの続きという。
私は、PURECAFE近くのナチュラルハウスに、ベジハムや、全粒粉の餃子の皮や、発酵豆乳マーガリンなど、近所では手に入らない食材Forヴィーを買いに行く。

買い物が終り新橋まで出る時、けんこにメールをすると、ちょうど残業後、帰宅の時だった。
新橋で待ち合わせして、軽く食事。

新橋

電通ビルの下で、R子に電話。今日も一日お疲れ様でした。

ベジカフェ@鎌倉美学 2 終了しました!

今回も、めちゃめちゃ楽しいベジカフェ2!があという間に終了しました。

ベジカフェ2終了!
(写真は、店じまい後、店内に看板を取り込んだ図)

「今回は「お野菜のテリーヌはないんですか?」
と言われたこと。
「うちの子は、私の作ったカレーの豆をいちいちよけて、ぜったい食べないのに、このカレーは、豆がたくさん入っているのに、おいしいといって、全部食べてしまった、驚きです。」
と言われたこと。
「今日はベジカフェの日ですよね」、とお店の電話に確認をして予約してきてくださった方から、「お料理作った方ですか?とってもおいしかったです!」と、おっしゃっていただけたこと。
ビーツソースのサラダがみなさんに「わぁ、きれい!」「これ、何のソースですか?」と言っていただけたこと。
BAKED TOFUチーズケーキが「おいしかった!びっくりしました!!」といわれたこと。
食べているあいだ、ずっと「ほんと、おいしいです」と言って食べていただいたこと。
などなど、今回のベジカフェも、みなさんにお肉を使わない、野菜のご飯を食べて、楽しんで満足してもらえて、とっても幸せな時間でした。
おこしいただき、食べていただいた方がた、みなさんに感謝します!
これからもどんどん素敵になっていけるよう、メニューの研究と満足感たっぷりの野菜ごはんを目指していきますので、どうぞ、よろしく!

あれ、またベジプレートの写真撮るの忘れてましたー!!!(^_^;)

さあ、はじまるよ!

いよいよ、ベジカフェ2回目。朝、出かけていくと、鎌倉美学の入口に、ちらしを貼ってくださっていた。

ちらし

さあ、今日も1日、たくさんのお客さんに、素敵で満足感のある、愛情こめた野菜料理をお楽しみいただけますよう。
Sunday Vege Cafe 2@kamakurabigaku はじまりです!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。