FC2ブログ

豆乳抹茶プリン

昨晩、仕込み終えたあずき煮を、今日抹茶プリンを作ってそのうえにトッピング。

豆乳抹茶プリン

三年番茶とセットで、お食事後にいただきました。

この抹茶プリン、ものすごくおいしくて、けんこも私も何度もおかわりしてしまいました。
クシマクロビスイーツの本のレシピです。
もともと洋菓子のパティシエであった筆者の山崎友紀さんのコメントがとても良くて、文書が素敵とかおもしろいというより、マクロビスイーツを作る際に、できあがったスイーツに共通のある特有の「くせ」をいかに試行錯誤して改良してきたかが、少しづつ綴られています。
ヴィーガンやマクロビの人の、お砂糖を食べなくなって久しい舌は、素材そのものの持つ甘味や、精白されていないミネラルを含んだ奥行きのある甘味など、素材本来の持つ味をおいしいと感じることができますが、生クリームたっぷり、精白された白砂糖たっぷり、卵もたくさん入ったスイーツを普段食べなれている舌が食べても満足するスイーツって、やっぱりぜんぜん同等ではないと思うのです。実際、エシレのバターをこよなく愛し、藤野真紀子さんの本のスイーツをよく使っていた私ですが、今は、アンリシャルパンティエの発酵バターたっぷり入りのお菓子も、あんなに大好きだったアンジェリーナのモンブランも、やはり、どうにも過剰に思えて最後までたどりつけないのですから、ほんとに信じられません。
まだまだマイノリティのこちら側と、多数をしめるノンベジ、ノンマクロの人たち両方が満足するスイーツを普通に作るというのはむづかしい。そこはいつもひとつの課題でありました。

ですが、この本、「豆腐のくせを消すため」、とか「卵のプリンの食感に限りなく近いものを」などなど、いたるところに、その「差」をなくすための試行錯誤を重ねた形跡が見受けられ素敵なのです。
マクロビやヴィーガンスイーツの本は、作ってみるといまいちだったり、自分なりに工夫して何度も試行錯誤することが多い(と思いませんか?)のですが、その部分は既に何度もしてくださっているという。何とも心強い本なのです。

あ、そうそう、このプリン、うちの夏の定番まちがいなし!です。
スポンサーサイト



夏休みみたいだね

お昼くらい、久里浜からフェリーに乗って東京湾を横切って、房総の金谷に行きました。
おやつは昨日焼いたブラウニー。

金谷

今日は、車は、久里浜のターミナルにお留守番。人間だけ、船にのって金谷に。
東京湾を横断して45分ほど、あっという間に反対側の房総へ。デッキで「気持ちい~ね~」なんていっている間についちゃいます。なんだけど、やっぱり趣きがちがうんですね。房総は、まったくもって房総の様子で、いつもうろうろしている、三浦半島とはぜんぜんちがう雰囲気。面白いね。

風見魚

あ、驚いた?こちら、お気に入りのほうぼう(?かな~)、風見鶏ならぬ、風見魚。
オス、ゲンキダッタカヨオ
空中に飛んで、海に向かって風を見てる。

金谷港につくと、「The Fish」という、ひろーい海が一面ガラス張りの店内から一望できて、天井が高くて気持ちの良い、カフェ&レストランがあります。こんなところが自分ちだったらいいのにね。

TheFish

近くのフラワーセンターで、前から欲しかった「キャンベル」という品種のぶどうの木を発見して購入。
うれしー。
小さいころに、このキャンベルでR子がよく、ジャムやジュースを作ってくれて、香り高く、めちゃくちゃ美味しかった。
今、実家で育てていて、時期になると実がなってるのを見て「私もほし~!」といつも思ってたのだ。
ぶどうの木は葉っぱの形が素敵。蔓の感じもきれい。自分の庭で実がなったらほんとにうれしいと思う。これで、酵母をおこしてパンも焼けるし。ほんとに楽しみ。
キャンベル

帰ってから、キャンベルにたーっぷり水をあげて、甘酒を仕込んで、ぜんざい用の小豆を煮ました。
あずきは、明日のおやつ、豆乳抹茶プリンにかけていただきます。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示