FC2ブログ

レンズ豆のカレー

       レンズ豆のカレー
まだ、ノンベジのころ、平野由希子さんの「ル・クルーゼ」で、作りたい料理ほか、このシリーズ3冊のお料理はほんとによく作って、うちにある3つのル・クルーゼもフル稼働しておりました。以前作っていたお肉をことこと煮込むレシピなどはおのずと作らなくなりましたが、かわりにお野菜を蒸したり、煮たり、全粒粉の蒸しパンを作ったり、コンフィチュールを煮たりと依然フル活用。
その時お気に入りのレシピだった「レンズ豆のカレー」。時間をかけて煮込まなくても、簡単ですぐおいしいカレーが食べれるのと、1日2日たったころの、うまさ倍増のあのおいしさ、家でもお客さんにも好評でほんとによく作りました。
今は、ひき肉を使わず、同じくらい、いや、それ以上においしいレンズ豆のカレーFORヴィーガンを作っています。

材料:
レンズ豆 100g   玉ねぎ2個  セロリ(あれば1/2本)  にんにく 1かけ  しょうが 1片 
菜種油またはオリーブOIL 大匙2   * カレー粉 大匙2  水 2CUP
りんごジュース 1CUP  豆乳 50CC  エリンギ2~3本  野菜ブイヨンキューブ 1個 
ソース 大匙1 ケチャップ 大匙1  ローリエ 1枚 あればクjミンシード少し
* カレー粉は、INDIAN CURRY POWDERというインディアンの横顔がラベルになったカレー粉をずっと前から使っています。

レンズ豆は1時間くらいたっぷりの水にひたし、やわらかくなるまで茹でて水を切っておく。
(私は無水鍋でひたひた+αくらいの水で弱火から一度沸騰させ、あとは火を止めて放置しています)
玉ねぎを薄いくし切り(又はみじん切り)にし、飴色になるまで、できればゆっくり弱火で炒める
(時間がない場合は透き通るまで位)
油を鍋にいれ、みじん切りにしたにんにく、次にしょうがを入れて香りがたつまでいためる。
にんにく、しょうがと炒め玉ねぎ(セロリ)をあわせて、エリンギを加え2~3分炒める
カレー粉、塩、こしょう、クミンを入れ、さらに炒める
茹でた豆を加えて、ぐるっとまわして少し炒める
水を加え、野菜ブイヨンキューブを入れる。沸騰したら、リンゴジュースを加えてさらに煮る
ソースとケチャップを入れ、弱火で30分くらい煮て、豆乳を加え最後に塩、こしょうで味を整える。

これ、時間がある時、炒め玉ねぎと茹で豆を作って保存しておけば、あっという間にできちゃいます。
できたてもおいしいけど、やはり1日2日たったほうが格段においしいです。
玄米ごはんにかけて召し上がれ。(今日は黒豆玄米ごはんです。)

サイドディッシュはベビーリーフのサラダ
       ベビーリーフのサラダ
サラダのドレッシングは、シンプルに、エクストラバージンオリーブオイルとホワイトバルサミコ酢。おいしいオリーブオイルと、甘くてコクがあるホワイトバルサミコ酢がポイントですな。好みでゲランドの塩、
バーブソルトがあればパラパラッとかけて、いただきます。おいしー。

* ドレッシングに使う(加熱しないで食べる)バルベラのエキストラバージンオリーブオイルは、長年同じものを使っています。はじめは、お店で売っていなかったので、葉山のプラージュ・スッドという地中海料理屋さんで分けて(売って)もらっていたのですが、最近いろんなお店で買えるようになりました。





スポンサーサイト



佐島で鮮魚見物

今日は、ヴィーからちょっとはずれて、お魚の話題。         
         いか2

私は基本的に動物性の食材はいただかないのですが、たまーに、お刺身を食べるときもあります。
昨日も泳いでいた鱸を買って、おうちで下ろしていただきました。お肉はいちど離れると、素材として口に入った時もかなーり敏感に体が反応するのですが、こと、白身のお魚の新鮮なお刺身などは、機会があれば、ありがたく、おいしくいただきます。

昨日は、水汲みがてら佐島を通って、小網代方面へ行き、途中、福水産の前で「お!イカイカー!」といつものように叫び、(なぜかここの前を通ると、車の中で「いかいかー!」と叫んでしまう私。(笑)「なんか見てく?」と言って、いったん車を止めて鮮魚見物。最近は買う目的より、水族館を見物する気分。今、何が釣れてるのかな、何かおもしろい魚いないかな。てな感じ。おー、いるいる”イカ”がいっぱい!私は、だいぶ前、福水産さんで、はじめて、すいーすいーと泳いでいる透明なイカを見て「ギャー!!かわいいこのキラキラは何じゃ!?」「あー、これがおかんが言ってた透明なイカか~。」とイカの頭みたいなところに、中学生が前髪を止めるキラキラしたピン留めのようなビーズみたいのがついて、チカチカ光っているのを見て、興奮したものでした。(うちのおかんは北九州小倉の出身で、新鮮な魚介類がわんさかあるところで育ち、逆に売ってるイカが透明ではなく白いのに驚いたのだそうです)
         

ここで、半ヴィーのけんこは、セイゴ(鱸の小さいやつ)を見て「食べた~い」と言って、一尾買い、私は、まだ今年採りにいけていないメカブを2株購入。帰ってから下ろしてもらって食べたセイゴは、もうぷりっぷりでたいへんおいしいものでした。

         いか
こちらは、おとなり丸吉さんのアオリイカ?コウイカ?


その後、まだ陽が高かったので油壺へ向かいました。さて、いつもの貸しボート屋さんのところにかかっている掲示板(ではなく、黒板?)今日は、真鯛43cm!マゴチ53cm!でかいっ!というのもありました!すごいですね~。私たち夫婦はこちらに越した際、「海の近くに越されて何かマリンスポーツでもされるんですか?」と良くきかれました。そんな時、「はい、サーフィンを少し」とか「「ええ、カヤックを」なーんて言う答えを期待されていたところもありますが、ノンノン、どちらもできません。(カヤックはやりたいですー)唯一はまったのが海釣りです。といっても私はけんこが釣っている傍で椅子に座って本を読みながらそのまま寝ちゃったり、いつもできないハンドケアを念入りにしたりと、釣果を待ちながらそれは楽しい時間を過ごすのでした。(実は、じゃりめがつけらんない。)
         横堀

そうそう、でもね、釣りチーム「とうしろー」という4人(おとん、けんこ、妹のだんな、私)でつり船屋さんの船で釣りに行った時、大ーきいカサゴを何匹も釣って、竿頭となり、(カサゴはじゃりめじゃなくて、サバの切り身なのでいくらでもつけれた・笑)舵をとっていた大将に「筋がいいからうちにおいで」と言われたのでした、ふふ(笑



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    Yuki Masuko

    Author:Yuki Masuko
    ナチュラルスイーツ作り、ヴィーガンフードや二匹の猫と生活するのんびり屋でくいしんぼうのとりとめない雑文です。

    ランキング
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示